タイトル通り。ついでに git と capistrano で管理するように移行。2日ぐらい潰れた。
Webistrano で git サーバーから web サーバーに、ブラウザからボタン一発配備。
スゲー気持ちいい。けど、これぐらいの規模でやると、手間が増えるだけだね。トレードオフ重要。

そんなわけで、テストを兼ねて、Windows Live Writer 2011 にて投稿。

 

折角だしこの theme のソース公開しようかと思ったんだけれど、
theme は typographic を元に、 css は pukiwiki を元にしてるので、ライセンスが怪しくて公開出来ない罠。

日本に Typo をインストールしてる人口が多ければ、オリジナルテーマ作って公開するんだけど、
手間の割に欲しがる人が超少なそうだよね。やはり WordPress が強いのかな。
その辺りの統計あるなら、知ってる人おせーて。

 

皆が必要そうな情報は株式会社ウサギィwikiのほうが見やすいと思うので向こうで公開することにして、
ブログは日記&wikiに書く前のドラフトとして使おうかな。

あとは書評やら、だらだら書こう、っと。


TypoにWindows Live Writerで記事を書く

カテゴリ 2010-05-06 17:38:00 GMT このエントリーをはてなブックマークに追加 Delicious Check

Windws Live Writerで記事を書く際にxmlrpcを扱う形式を入力しなきゃいけないんだけど、情報落ちてないのでメモ。

http://<your-site>/backend/xmlrpc を入力すればOK。(<your-site>は自サイトに編集してね)

windowsLiveWriterSetting


ググっても解決法出てこないので困ってたんだけど。

mongrelのログ読んでて気付いた。

contentsテーブルのpermalinkにタイトルがURLエンコードされた値が入ってるのに、 find時に、生のタイトルで検索してた。

そりゃ見つからないよね。

ということで、app/models/article.rbを修正。

@@ -272,7 +272,7 @@
     date_range = self.time_delta(params[:year], params[:month], params[:day])
     req_params = {}
     if params[:title]
-      req_params[:permalink] = params[:title]
+      req_params[:permalink] = CGI.escape(params[:title].tr(FROM, TO).gsub(/<[^>]*>/, '').to_url)
     end
 
     if date_range

これでURLに日本語が使えるように。

おっけー


Dreamhostでtypoをインストールしたのですが、表示がビックリするぐらい遅い。

Operaで見て、10秒程表示にかかる。

typoがメモリ喰いまくってるのかな、と思ってVPS申し込もうかと悩んでtたんですが、どうも違う。

ステータスバー見ると、HTML自体は読み込まれてるんだけど、表示に異様に時間がかかってる様子。

 

パフォーマンス計測ツールである、YSlow :: Firefox Add-onsを使ってみると、

日本語表示用のjs /javascripts/lang/ja_JP.js が無い。

 

ググって見ると公開されているかたがいらっしゃいました。

Typoのテーマをいじってみる : Verboseモードでいこう

さんからja_JP.rbとja_JP.jsを拝借。

 

表示が速くなった!!