Q. 何が出来るの?

A. 会員制サイトがコマンド一行で出来ます。

Q. 本当かよ、嘘くせーな。

A. ちょっと煽り気味のタイトルであることは否めません。

Q. 具体的にどんなことしてくれるの?

A.
面倒臭がりの人の為の Rails3 用テンプレート : ソースコードは飲み物です。 - 株式会社ウサギィ blog で出来ることに加えて
devise をインストールして、 
日本語ファイル(Atsushi Nakatsugawa さんの devise.ja.ymlkuroda さんの ja.yml )落としてきて、その他ビューも適当に日本語化します。

Q. 実行環境は?

A. Rails 3.0.1 + bundler 1.0.3 (+ git)があれば動くはず。
面倒臭がりの人の為の Rails3 用テンプレート : ソースコードは飲み物です。 - 株式会社ウサギィ blog と同じ。

Q. で、早くそのコマンド教えろよ。

A.

rails new MyApp -m http://usagee.co.jp/for_dl/rails3-devise-init-template.rb


もしくは、ダウンロードしてから、

rails new MyApp -m rails3-devise-init-template.rb

Q. どういうことだってばよ?

A.

1. まず端末開いて

devise-template1

2. Rails の展開が終わった後に Git を使うか聞かれるから yes か no で答えて

devise-template2

3. しばらく放っておいたら色々処理が終わります。(前回と違い、自動でサーバーは立ち上がりません)

devise-template3

4. インストールしたフォルダに cd し、サーバーを立ち上げます。

cd Huga
rails server

devise-template4

5. http://localhost:3000/ にアクセス → 新規登録をクリックします。

devise-template5

6. 登録すると、登録メールは配送される代わりにサーバーのログに出ます。

devise-template6devise-template7

7. 上のログ内のURLをコピってブラウザでアクセスすると登録完了です。

devise-template8

8. こんな感じで遊んだ後に、これを改造して、もっと役に立つようにしてください。

Q. ほう、まぁ使ってやってみるか。

A. ありがとうございます。 改造する場合は

plataformatec's devise at master - GitHub ここが公式です。色々役に立つこと書いてます。

皆が必要そうだったら devise についても後ほどまとめます。


トラックバック

トラックバック先 : http://blog.usagee.co.jp/trackbacks?article_id=15

    トラックバックはありません。

コメント

  1. tamano {{count}} months later:
    初めまして。 便利なスクリプトをありがとうございます。 ただ、232行目のja.ymlのPATHが変わってしまっているようで、このままではうまくダウンロード出来ませんでした。 誤) https://raw.github.com/svenfuchs/rails-i18n/raw/master/rails/locale/ja.yml 正) https://raw.github.com/svenfuchs/rails-i18n/master/rails/locale/ja.yml 取り急ぎ、お知らせまで。
  2. tamano {{count}} months later:
    すみません。上記で書いた(誤)のURLが間違っていますね。ただスクリプト中のURLはリダイレクトされてるらしく、正しくダウンロード出来ません。上記の(正)のURLに差し替えた方がいいかと思います。失礼いたしました。

コメントを残す