Q. 何が出来るの?

A. Rails3で新しくアプリを作る際にやらなきゃいけないことを自動でやってくれます。

Q. 具体的にどんなことしてくれるの?

A.
git を使う場合は git の用意とコミット
不要ファイルの削除
Gemfile の設定
bundle install –path vendor/bundle の実行
ホーム画面の作成とルーティングの設定
database.yml の設定
データベースの作成
サーバーの起動

Q. 実行環境は?

A. Rails 3.0.1 + bundler 1.0.3 (+ git)で動かしているよ。
Windows7 + RubyInstaller for Windows の Ruby 1.8.7-p302 + Development Kit + msysgit - Project Hosting on Google Code で実験済み

Q. 使い方は?

A.

rails new MyApp -m http://usagee.co.jp/for_dl/rails3-init-template.rb


もしくは、ダウンロードしてから、

rails new MyApp -m rails3-init-template.rb

Q. どういうことだってばよ?

A.

1. まず端末開いて

template1

2. Rails の展開が終わった後に Git を使うか聞かれるから yes か no で答えて

template2

3. しばらく放っておいたら色々処理が終わった後にサーバーが立ち上がるので

template3

4. http://localhost:3000/ にアクセス

template4

5. あとは自分が便利なようにソース改造して使ってね。


トラックバック

トラックバック先 : http://blog.usagee.co.jp/trackbacks?article_id=13

    トラックバックはありません。

コメント

    コメントはありません。

コメントを残す